トップページ > 血友病 > 血友病TOPICS
【血友病】子ども教育プログラム リポート

開催日:平成16年7月30日(金)~8月1日(日)
会場:大阪府立青少年海洋センター ファミリーロッジ海風館


7月30日?8月1日、大阪府立青少年海洋センター ファミリーロッジ海風館にて子ども教育プログラムを行いました。

私は今回とてもドキドキしていました。
実はこのプログラムは大阪では2回目なのです。
ということは1回目の時より良いプログラムでないと・・・。
そんな思いを胸に行いました。
そして、前回、プログラムの山場である凝固因子*をドミノに見立て説明するところで、倒れるはずのドミノが倒れず冷や汗が流れましたが、今回は無事に倒れ、調子にのって何度も「もう1回やってみますね」と繰り返してしまいました。そして、今回は年齢を小さい子向け(3歳から小学校低学年)、小学校中学年以上に分けて行いましたので、内容や言葉がその年齢に合わせることができ非常にスムーズにプログラムを行う事ができました。


小さい子向けには『かさぶたくん』という絵本を読み聞かせしました。これが中々好評で、この本に助けられた部分も大きいようでした。感想や意見を率直に出していただける大阪で行う事はある種の緊張感はありますが、プログラムを向上させるためにはとても良い地域です。何はともあれ、今回は無事にドミノが倒れてほっとしたというところです。

*凝固因子12個をドミノに見立て、全部倒れると合図が出てフィブリンが働く。血友病Aの場合は第8因子のドミノを、Bは第9因子をはずす。するとドミノが最後まで倒れないのでフィブリンが働かず、結果血液が固まりにくい。という器材を使用した説明。

▲このページ [ 【血友病】子ども教育プログラム リポート ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る