トップページ > 血友病 > 血友病TOPICS
【血友病】米バクスター アドベイトの臨床試験結果を公表

米バクスターはこのほど、血友病治療薬「アドベイト」の臨床試験結果から、治療歴のある重中等症および重症血友病Aの小児患者(PTPs)の出血症状を90%以上管理できることが判明したと発表した。

試験は、PTPs53人を対象に実施。
患者にアドベイトを1回または2回投与した。
結果によると、患者の出血症状を90%以上管理できたほか、94%近くの出血エピソードの止血効果が「著効」または「有効」と判定された。
また、第Ⅷ因子インヒビターの発現は見られず、因果関係のある重篤な有害事象も認められなかった。

平成20年10月31日付「日刊薬業」から

▲このページ [ 【血友病】米バクスター アドベイトの臨床試験結果を公表 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る