トップページ > 血友病 > 血友病TOPICS
血液製剤調査機構(BPRO)だよりNo.99、「BPRO News File」から
【血友病】ワイス社 BeneFⅨ(遺伝子組換え血液凝固第Ⅸ因子製剤)の改良型がFDAの認可を受けたことを発表

認可された新しいBeneFⅨの特徴は、製剤の調整に用いる溶解液がより少量となり、従来の製品よりも投与量が少なくて済むこと、また、調整に針を使わないため、針刺し事故の危険性が排除されたことである。

BeneFⅨは現在、唯一の遺伝子組換え型の第Ⅸ因子製剤であり、この改良型は2007年中頃から供給される予定となっている。

詳細な情報は以下のサイトで見ることができる。

>> http://www.hemophiliavillage.com/

(2007/4/13, ABC Newsletter #14 )

▲このページ [ 血液製剤調査機構(BPRO)だよりNo.99、「BPRO News File」から
【血友病】ワイス社 BeneFⅨ(遺伝子組換え血液凝固第Ⅸ因子製剤)の改良型がFDAの認可を受けたことを発表 ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る