トップページ > 血友病 > 血友病TOPICS
[財団法人血液製剤調査機構、血液凝固因子製剤委員会]
「血液凝固因子製剤 文献情報NO.50 平成20年9月」〈#984~#988要旨から〉

→#988要旨【血友病/血友病インヒビター】小児血友病患者の予防治療や免疫寛容療法(ITI)でのポート設置の長期間使用について
「Feasibility of prophylaxis and immune tolerance induction regimens in haemophilic children using fully implantable central venous catheters.」
著者名:Mancuso ME, Mannucci PM, Santagostino E, et al.
雑誌名:Br J Haematol 141:689-695,2008.

→#992要旨【血友病/新たな治療試み】血小板由来第Ⅷ因子(pFⅧ)は、第Ⅷ因子インヒビターに対して有効か
「Platelet-delivered factor Ⅷ provides limited resistance to anti-factor Ⅷ inhibitors」
著者名:Gewirtz J, Thornton MA, Poncz M, et al.
雑誌名:J Thromb Haemost 6:1160-1166, 2008.

→#993要旨【血友病/血友病インヒビター】インヒビターを有した血友病患者の、rFⅦaによる予防投与について
「Single-dose recombinant activated factor Ⅶtherapy in hemophilia patients with inhibitors.」
著者名:Kenet G, Martinowitz U.
雑誌名:Semin Hematol 45 (2 Suppl 1) : S38-S41, 2008.

→#994要旨【血友病/血友病インヒビター】インヒビターを有した血友病患者の整形外科手術が可能な時代に「Controversies and challenges in elective orthopedic surgery in patients with hemophilia and inhibitors.」
著者名:Jimenez-Yuste V, Rodriguez-Merchan EC, Hernandez-Navarro F, et al.
雑誌名:Semin Hematol 45 (2 Suppl 1) : S64-S67, 2008.

→#995要旨【血友病/血友病インヒビター】第Ⅷ因子インヒビターを有した血友病A患者の関節内出血に対する活性型プロトロンビン複合体製剤または遺伝子組み換え活性型第Ⅶ因子製剤製剤を用いた場合の費用と効果の比較
「Cost and outcome: comparisons of two alternative bypassing agents for persons with haemophilia A complicated by an inhibitor.」
著者名:Steen Carlsson K, Astermark J, Berntorp E, et al.
雑誌名:Thromb Haemost 99; 1060-1067, 2008.

→#996要旨【血友病】ショ糖添加遺伝子組換え第Ⅷ因子因子製剤(Kogenate FS)の日本で行われた安全性と有効性
「An observational study of sucrose-formulated recombinant factor Ⅷ for Japanese patients with haemophilia A.」
著者名:Delumeau JC, Ikegawa C, Haupt V, et al.
雑誌名:Thromb Haemost 100; 32-37, 2008.

▲このページ [ [財団法人血液製剤調査機構、血液凝固因子製剤委員会]
「血液凝固因子製剤 文献情報NO.50 平成20年9月」〈#984~#988要旨から〉 ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る