トップページ > 血友病 > 血友病TOPICS
[財団法人 血液製剤調査機構、血液凝固因子製剤委員会]
「血液凝固因子製剤 文献情報 NO.48 平成20年3月 要旨から」〈#951~#965〉

→#951【血友病/血友病インヒビター】血友病患者でインヒビター歴のある患者は、ない患者に比べ発育遅滞が見られる
「Delays in maturation among adolescents with hemophilia and a history of inhibitors.」
著者名:Donfield SM, Lynn HS, Gomperts ED, et al.
雑誌名:Blood 110: 3656-3661, 2007.

→#952【血友病/血友病患者の社会生活】《今日の血友病患者の社会的活動 就労などについて;オランダの血友病721例から》
「Social Participation of Patients with hemophilia in the Netherlands」
著者名:Pluq I, Peters M, van der Bom JG, et al.
雑誌名:Blood 111: 1811-1815, 2008.

→#956【血友病/血友病患者と頭蓋内出血】《血友病患者の頭蓋内出血は、幼少期・若年期に多いが、大人にも。高血圧症管理など念頭に》
「Intracranial heamorrhage in haemophilia A and B.」
著者名:Ljung RC.
雑誌名:Br J Haematol 140: 378-384, 2008.

→#957【血友病/骨粗鬆症】《小児期の骨密度低下は、骨粗鬆症の危険因子になる。血友病男児の骨密度低下は健常男児に比べ大きい》
「Inactivity is a risk factor for low bone mineral density among haemophilic children.」
著者名:Tlacuilo-Parra A, Morales-Zambrano, Orozco-Alcala J, et al..
雑誌名:Br J Haematol 140: 562-567, 2008.

→#960【血友病/PEG化第Ⅷ因子製剤】《重症血友病AへのPEG化した遺伝子組換第Ⅷ因子製剤投与の安全性と有効性について》
「Safety and pharmacokinetics of a recombinant factor Ⅷ with pegylated liposomes in severe hemophilia A..」
著者名:Powell JS, Nugent DJ, Gorina E, et al..
雑誌名:J Thromb Haemost 6: 277-283, 2008.

→#964【血友病/遺伝子組換え第Ⅷ因子濃縮製剤/インヒビター】《チャイニーズハムスター卵巣細胞(CHO)由来からベビーハムスター腎臓細胞(BHK)由来の遺伝子組換第Ⅷ因子濃縮製剤に変更した場合のインヒビターリスクの検討  アイルランド》
「Low risk of inhibitor formation in haemophilia patients after a change in treatment from Chinese hamster ovary cell-produced to baby hamster kidney cell-produced recombinant factor Ⅷ.」
著者名:Singleton E, Smith J, White B, et al.
雑誌名: Thromb Haemost 98: 1188-1192, 2007.

▲このページ [ [財団法人 血液製剤調査機構、血液凝固因子製剤委員会]
「血液凝固因子製剤 文献情報 NO.48 平成20年3月 要旨から」〈#951~#965〉 ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る