トップページ > 血友病 > 血友病TOPICS
[財団法人血液製剤調査機構、血液凝固因子製剤委員会}
『血液凝固因子製剤 文献情報 NO.45』要旨から
<#898、#899、#901、#902、#904、#909、#911>
『血液凝固因子製剤 文献情報 NO.45』((財)血液製剤調査機構・血液凝固因子製剤委員会)から「#898、#899、#901、#902、#904、#909、#911」を紹介。

【重症血友病患者と骨粗鬆症】
→#898 タイトル:Osteoporosis in young haemophiliacs from wester India
著者名:Nair AP,Jijina F,Nema M,et al.
雑誌名:Am J Hematol 82:453-457,2007

【インヒビター】
→#899 タイトル:In vitro reactivity of factor Ⅷ inhibitors with von Willebrand factor in different commercial factor Ⅷ concentrates.
著者名:Tagariello G,Zanotto D,Salviato R
雑誌名:Am J Hematol 82: 460-452, 2007.

【インヒビター】
→#901 タイトル:Factor Ⅶa analogue (V158D/E296V/M298Q-FVⅡa) normalises clot formation in whole blood from patients with severe haemophilia A
著者名:Sorensen B, Persson E, Ingreslev 137: 158-165, 2007.

【血友病/HCV】
→#902 タイトル:Progression to end-stage liver disease in patients with inherited bleeding disorders and hepatitis C: an international, multicenter cohort study.
著者名:Dirk Posthouwer, Michael Makris, Eveline P. Mauser-Bunschoten, et al.
雑誌名:Blood 109: 3667-3671, 2007.

【血友病性関節症】
→#904 タイトル:Modern management of haemophilic arthropathy
著者名:Raffini L, Manno C.
雑誌名:Br J Haematol 136: 777-787, 2007.

【世界の血友病患者の現況/新たな治療法開発に向けて】
→#909 タイトル:Gene therapy, bioengineered clotting factors and novel technologies for hemophilia treatment.
著者名:Pierce GF, Lillicrap D, Vandendriessche, et al.
雑誌名:J Thromb Haemost 5: 901-906, 2007.

【治療製剤の選択】
→#911 タイトル:Antihemophilic Concentrates; 2007.
著者名:Suzuki T, Matsushita T, Shima M, et al.
雑誌名:Jpn J Thromb Homost 18: 71-86, 2007.

『血液凝固因子製剤 文献情報 NO.45』より
すすむ→

▲このページ [ [財団法人血液製剤調査機構、血液凝固因子製剤委員会}
『血液凝固因子製剤 文献情報 NO.45』要旨から
<#898、#899、#901、#902、#904、#909、#911> ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る