トップページ > はばたきメモリアルコンサート > コンサート2011
【はばたきメモリアルコンサート2011出演者紹介】
クラリネット奏者 横川晴児さんをご紹介します

クラリネット奏者 横川晴児

東京都生まれ
クラリネットを浅井俊雄、細野孝興、ジャック・ランスロ、ユーリス・ドゥレクリューズ、ワルター・ボイケンツ、ギ・ドゥプリュ、室内楽をレーヌ・フランショー、ピエール・ピエルロの各氏に師事。
1968年に渡仏。
ルーアン音楽院、パリ国立高等音楽院をともに1等賞を得て卒業後、フランス国内で演奏活動を行う。

帰国後、東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者に就任。
1986年NHK交響楽団首席奏者に就任。

2001年には、クラリネット奏者として名高いアルフレート・プリンツのピアノで、ブラームスのクラリネットソナタ集をBMGファンハウスよりリリースし、「レコード芸術」誌で特選に選ばれる。

1988年、第2回グローバル音楽奨励賞受賞。フランスのトゥーロン国際コンクール審査員(1991、1997年)、ジュネーブ国際コンクール審査員(1997年)を務め、国内外でマスタークラスも行なっている。

現在、
NHK交響楽団首席奏者
国立音楽大学講師
パリ・ビュッフェ・クランポン社専属テスター
リコ・インターナショナル社専属テスター
習志野文化ホール理事
軽井沢国際音楽祭音楽監督

▲このページ [ 【はばたきメモリアルコンサート2011出演者紹介】
クラリネット奏者 横川晴児さんをご紹介します ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る