トップページ > はばたきメモリアルコンサート > コンサート2011
第7回はばたきメモリアルコンサート、ご来場、ありがとうございました。

2月21日、はばたきメモリアルコンサート、千駄ヶ谷「津田ホール」に230人以上の方々が
ご来場してくださいました。本当にありがとうございました。

あわせて、ご後援をいただきました厚生労働省、日本赤十字社、日本製薬工業会や、
ご支援を賜りました多くのみなさまにお礼を申し上げます。

コンサート会場が千駄ヶ谷「津田ホール」に移り、さらにコンサートを多くの人に知ってもらう
準備をしました。
今年のコンサートは、今回はこれまでに増してあたたかさが満ちたコンサートだったとの評判
でした。
特に、多くに人の心を震えさせたのは、迫田朋子さんがある被害者遺族の話を聞きとった
詩の朗読でした。
詩は池辺晋一郎先生のピアノ即興が添えられ、これまでになく長く、聞く人に迫田さんの
言葉と池辺先生の伴奏は強い波動として何回も押し寄せるような感動を覚えるものでした。
「658人の亡くなった被害者はここにいる」と締めくくったあと、涙があふれ続けました。

 2回目から音楽総監督をしてくださっている池辺晋一郎先生が、2005年2月の初めての
コンサートに向けて作曲された「やすらぎの翼」、毎回演奏されていますが、やすらぎの翼、
日本各地だけでなく、世界でも演奏される機会が増えているそうです。
 それこそ、音楽に託して薬害エイズの被害者の思いや被害を長く伝える「はばたきメモリ
アルコンサート」の趣旨が生かされています。

 こんな素晴らしい演奏、コンサート、もっと多くの人に来てもらいたいと、その工夫が大きな
課題として残こりました。

 さて、池辺先生、「7回まで続いてきたのだから、もう止められない。やめるにはかなりの
理由が必要になる」と、8回目を目指した決断が求められました。

 みなさま、第8回はばたきメモリアルコンサート、みなさまと共に創っていきたいと思います。

 来年もよろしくお願いします。

▲このページ [ 第7回はばたきメモリアルコンサート、ご来場、ありがとうございました。 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る