トップページ > はばたきメモリアルコンサート > コンサート2009
【コンサート】やすらぎの翼(池辺晋一郎作曲)、世田谷区の玉川区民会館で演奏


9月28日、財団法人世田谷文化財団音楽事業部が主催するコンサート「せたがやの演奏家シリーズ『三浦章広と仲間たち』」が、世田谷等々力渓谷の傍の玉川区民会館で行われた。

プログラム最初に、池辺晋一郎作曲「やすらぎの翼 弦楽三重奏のために」が演奏された。この曲は、「はばたきメモリアルコンサート ―薬害エイズ被害者への思いを込めて―」の第1回に池辺晋一郎先生が作曲し、世界初演された作品で、メモリアルコンサートのたびにモルゴーア・クァルテットによって演奏されている。

今夕のコンサートでは三浦章広(ヴァイオリン)、青木篤子(ヴィオラ)、渡邉辰紀(チェロ)によって奏でられた。
新たな感覚でこの作品を聴くことができ、演奏される機会が広がるのといろいろな演奏家によって表現される嬉しさを感じた。

ちなみに池辺晋一郎先生は、せたがや文化財団音楽事業部の音楽監督として音楽に親しみと楽しさを提供してくださっている。
また、はばたきメモリアルコンサートの総合音楽監督でもある。

▲このページ [ 【コンサート】やすらぎの翼(池辺晋一郎作曲)、世田谷区の玉川区民会館で演奏 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る