トップページ > はばたきメモリアルコンサート > コンサート2008
【コンサート】配布資料「はばたきの活動から」をUPしました

 はばたき福祉事業団は、薬害エイズ被害者の救済事業および公共の福祉に寄与するための団体として、1997年4月に設立しました。設立後、医療や福祉、遺族対策、血液事業、薬害再発防止等の事業に取り組んできました。厚生労働省の協力も得て、2006年8月30日、社会福祉法人となりました。社会福祉法人化後は、薬害被害者だけでなく、全国に暮らす全てのHIV感染者・血友病患者が安心できる医療、差別・偏見のない社会作りを目指して活動しています。ここで、はばたき福祉事業団が現在行っている事業活動を、一部ですがご紹介します。
 
  HIV感染者就労のための協働シンポジウム
今年度のはばたきは、HIV感染者の就労に焦点を当ててきました。
就労は生活面の安定と生きる意欲をもたらすため、感染者が差別不安を抱かずに働くことのできる就労環境を作ることは重要です。
このシンポジウムは当事者、行政、企業、医療・福祉関係者らが協働して、HIV感染者が勇気をもって社会に一歩を踏み出し、安心して就労できる環境を作る契機とするために開催しました。

なお、このシンポジウムは、独立行政福祉医療機構(高齢者・障害者福祉基金)の助成により行われました。
 
  Habataki Wave
就労シンポジウムと連動して、HIV感染者就労のための情報提供ポータルサイトを立ち上げました。
このサイトでば、HIV感染者や企業の方がHIV感染者の就労支援のために必要な情報を提供し、またそのための活動や取り組みを広く広報することにより、その成果を社会に還元することを目指しています。
URL:http://www.habatakiwave.jp/
なお、「Habataki Wave」は第5回マイクロソフトNPO支援プログラムによるサポートされています。
 
  HIV感染に係る障害者自立総合支援プログラム等研究開発事業
差別偏見により社会参加を閉ざしているHIV感染者が、自ら一歩踏み出すための支援、就労のための動機づけ及び準備支援のための事業です。
当事者による支援プログラム「慢性疾患セルフマネジメントプログラム」を実施し、企業、ハローワークへのフォーカスグループインタビューを元にした就労のためのQ&A形式のガイドブックの作成し、社会参加、就労の促進を目指します。
 
 

サークルさっぽろ
札幌にHIV検査・相談室がオープンしました。
「サークルさっぽろ」です。
はばたき北海道支部が、北大病院、札幌医大病院、NPO関係団体等の協力を得て新たに始めたこの事業は、昨年12月1日の世界エイズデーに合わせてスタートしました。
当事者団体が「検査に行こう!」というメッセージを発信して感染者の増加を止めようというこの新しい動きは、全国も注目しています。
検査目的の献血が増えています。献血の前に、「サークルさっぽろ」で検査・相談をしましょう!

 
 

はばたきホームページ
リニューアルから3年半が経過しました。
毎日500人以上の方が訪問し、はばたきの情報発信ツールとしてすっかり定着しました。
当事者の方にとって一番身近な情報源として、今後もさらなる情報の速報性と内容の充実を図っていきます。
 URL:http://old.habatakifukushi.jp/

 
  薬害エイズ裁判和解記念集会
 薬害エイズ裁判は、1996年3月29日に国、製薬会社が全面的に責任を認めた歴史的な和解が成立しました。この悲惨な事件の犠牲になった仲間たちをしのび、追悼の意をこめて献花を行い、また薬害エイズを風化させないよう語り継いでいくために、和解記念集会を行っています。この記念集会には、はばたきは事務局として、企画から運営まで担っています。
 
  献花
 薬害エイズ被害により、最愛のご家族を亡くされた遺族の方に、メッセージを添えて毎年献花をおくっています。これまでは「薬害根絶誓いの碑」が建立された8月24日におくってきましたが、今年からは薬害エイズ裁判が和解した3月29日(今年は和解記念集会があるため3月27日)におくります。
 
  献血キャンペーン
 海外の買血を原料として作られた血液製剤を使ったために、多くの血友病患者にエイズ感染被害を出した教訓を踏まえて、はばたきでは献血推進キャンペーンに参加するなど、献血を広める活動を行ってきました。献血推進キャラクター「けんけつちゃん」は、その親しみやすさとかわいらしさで、大きな力になってくれると思います。
 
  はばたきメモリアルコンサート
 ある被害者と音楽家との出会いから始まったこのコンサートも、今年で4回目を迎えました。一人でも多くの方に薬害エイズ感染被害に関心を持っていただき、そしてこの教訓を忘れず、これからも伝え続けていくために、このコンサートを企画しました。私たちの伝えるメッセージが、音楽を通じて広く社会に響いていくことを願っています。

▲このページ [ 【コンサート】配布資料「はばたきの活動から」をUPしました ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る