トップページ > はばたきコラム > コラム2010
10.03.24更新

春分の日、墓参り。
そして、94歳になる叔父に会いたいと、妹の87歳になる母を連れて行く。

未知の高齢化社会の渦中にいる自分を改めて感じる。
翌、振り替え休日、朝早く出て榛名山方面に。

関越自動車道を走っていたら、バンが突然転倒、危うく巻き込まれるところと冷や汗を。
先を急いで、水沢観音寺など寺巡り。

伊香保温泉や水沢観音は小学校時代以来。
道は整備され、山道を苦闘して走っていたあのころの記憶ある景観はない。

門前の水沢うどんの店も、大規模収容の店にみな変身。
子供ながらおいしいと思った素朴な店はどこにも見当たらない。

今週股関節の痛みにあまり動けなかったのを連休で養生させようとしたが、凝固因子製剤をどんどん打ってリハビリもと考えて活動化させて治すことにした。
結果は動くようになったが、連休のドライブはやはり行きはよいよい帰りはきつかった。

でも、榛名麓の「原ミュージアム」は、脳の掃除となった。
もっとゆっくりしたかった、心洗われる、お気に入りのところを見つけた。
お薦めである。

さて、3月も日がなくなってきた。
次年度に向けて新たな活動の展開をと、もっともっと、心の琴線に触れる事業運営をしていきたい。

(花摘 H22.3.24)

▲このページ [ 10.03.24更新 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る