トップページ > はばたきコラム > コラム2010
10.01.05更新

すがすがしい青空、東京の様々な名所から富士山が映えた正月を迎えた。

私事ですが、暮れに老犬がやってきた。
年賀状の返事を書きつつ、犬の世話でもう大変。
犬の引き受けの際に8歳ということだったのが、実際は11歳。
まあいいかと、今年はおおらかにいきたい。

おおらかとはいえ、ダイナミックに前向きで進みたい。そして、命と健康については妥協をしない。
一昨年来、調査研究が増えてきたが、実効ある調査研究を行い、1年1年の成果をあげていきたいと、心に檄を飛ばしている。

飛ぶといえば、はばたきの相談事業や調査事業を遂行するため、北海道から沖縄、日本中を事務局・スタッフは飛び回る。
そういえば前半だけでもフィリピン、アルゼンチンと海外イベントもいくつかある。

スタッフに昨年末、若い強力な事務局員が入った。
薬害HIV被害者だが、会社員として何事も積極的な経歴がありそこを見込んで敢えて事務局に入ってもらった。
敏腕の事務局長を中心に若手スタッフが事業団活動をまい進する時代に入った。
今年もスタッフ一同、厚い事業運営、がんばります。

2010年、皆様のご支援、ご指導をはばたき福祉事業団に賜りますようお願い申し上げます。
(花摘)

▲このページ [ 10.01.05更新 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る