トップページ > はばたきコラム > コラム2009
09.12.25更新

“今年1年、みなさまのご厚志、ご支援、ありがとうございました”

年の瀬、凛とはりつめた空気がみなぎる夜空は三日月の明かりが冴えています。
それだけ寒さが厳しく、北海道支部からは積雪の多さの話があり、もしかして首都圏でも降雪があるのではとタイヤも冬支度して構えています。

今年は米国のオバマ政権、鳩山政権と変革を求めていた内外の人たちに驚きと期待があった年でした。

しかし、少し落ち着くと、海外はいざ知らず国内は新政権100日過ぎて医療福祉がもっと身近になる方向性が示されるのかと思いきや、その明るさが感じられるのは来年になる気配ですが、今後政治の混乱から庶民の命や健康が削がれることがあってはならないと強く思います。

私たちの国、私たちが考える政策が反映する社会になるように、私たちがどんどん参加しましょう。
はばたき福祉事業団は、薬害エイズの教訓を生かし、私たちの医療福祉を創造し続けます。

今後とも、より一層のご理解ご協力を賜りますよう、スタッフ一同心よりお願い申し上げますとともに、新しい年を迎え皆様のご多幸とご活躍をお祈り申し上げます。

社会福祉法人はばたき福祉事業団
理事長 大平 勝美

▲このページ [ 09.12.25更新 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る