トップページ > はばたきコラム > コラム2009
09.10.13更新

「核兵器のない世界をめざす」
米国オバマ大統領の構想に、ノーベル平和賞が授与されることになった。
世の中は、できるのかという消極的な見解もあるが、構想を掲げめざしてみる勇気と決意を称えることが出発点だ。

ノーベル平和賞は、きっとオバマ大統領のビジョンに平和な世界をと希望を託したのだと思う。
オバマ大統領によって平和・核兵器のない世界へのレールの起工がなされた。
これからはみんなでめざす将来に向けてレールを敷設していかなければならない。

ずっと小さいことだが、はばたき福祉事業団はHIV感染者が安心して働ける就労環境をめざし、当事者・関係者の協働によるレール敷設を広めている。
社会の関心・ムードは良い方向に向かっている。
一様に解決が見えるまでとどまっている人も多い。

しかし、何事も、理想の将来をめざし、踏み出すことだ。
一人ででも。

(花摘)(平成21年10月13日)

▲このページ [ 09.10.13更新 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る