トップページ > はばたきコラム > コラム2009
09.04.05更新

テポドンが飛ぶのか飛ばないのか、発射の誤報を起こしたり、結局東京の桜が満開時に、日本列島の高い所を横断してその飛翔体は確認できない方向へ飛んで行った。

日本は平和で、市ヶ谷の防衛省に配備された迎撃ミサイルPAC3のそばを、外堀の桜爛漫に惹かれて老母を乗せてドライブをしていた。

靖国神社も千代田桜祭りで観桜客がバスで続々詰めかけていた。

桜の入学式で、九段武道館は大学新入生でいっぱい。
千鳥が渕はそれこそ桜さくらに酔いしれている感じだ。

やはり平和はいい。

平和を守るのは、毅然とした文官の対話が肝心だと思う。
本当のシビリアンコントロールを維持していくのは、市民の務めだろう。

(花摘:09.04.05)


クリックすると大きくなります

▲このページ [ 09.04.05更新 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る