トップページ > はばたきコラム > コラム2009
09.02.04更新

節分、立春、暦はきちんと経過していく。
国内・世界を見ると、個人的には鬼退治で懲らしめたいことがいっぱいある。
福は内、福をいっぱい招きたい。

しかし、毎日まいにち懸命に働いて、福はやってくるのだと思う。

鬼はいたるところにいて、まるでHIVにかかわる日和見感染症を起こす常在菌や原虫にように空気にも体にも。
鬼を眠らせたままにいるには、日ごろの鍛錬、苦労、努力が大切なのかなと。
抗HIV薬を飲むとき「これを続けるのだ」と自分に言い聞かせている毎日。

春の到来、楽しみに待っている。

(花摘:09.02.04)


※クリックすると大きくなります。

▲このページ [ 09.02.04更新 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る