トップページ > はばたきコラム > コラム2008
08.02.21更新


2月は“光の春”。
雪をかぶった世界遺産、飛騨白川郷も春の光がまぶしいくらいに満ちていた。
世界遺産となると、日本だけでなく、世界各地からの観光客もたくさん訪れている。
特に、台湾や中国から来る人が目立った。
また、欧米から観光客はゆっくりペースで、雪と春の光、澄みきった青空に白川郷を囲むようにそびえる山々の自然に浸っている様子だった。
いろいろ旅していると、日本や世界の雰囲気や時代の動きをたくさん得ることができる。
日本人らしい短い世界遺産の旅だったが、土産物屋が沢山になっている白川郷を遠くから全景を眺めてみた。

(花摘)(08.02.21)


▲このページ [ 08.02.21更新 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る