トップページ > はばたきコラム > コラム2007
07.01.18更新

早いもので、1月も半分過ぎてしまった。
七草、どんと焼き、蔵開きを今と何十年も昔と対比する。
時間の忙しなさは今が圧倒的にあるが…。
七草粥で正月気分を断ち切って、古いお札や松飾り・輪飾りなどを袋に入れて近くの神社でどんと焼きに、また焼きもちや甘酒などにまた正月気分に戻る。
蔵開きに鏡もちをかち割って汁粉にしたり、残りは良く乾燥させた後でかき餅に揚げる。
こういう行事も生きているなという楽しさでもあるな。
(花摘)(07.01.18)

▲このページ [ 07.01.18更新 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る