トップページ > はばたきコラム > コラム2006
06.08.02更新

06.07.20の続き
赤疹は手から上半身、そしてだんだん下に移って行く。
約1週間、足から副作用は出て行く。
やっと、服薬のみを気をつける日常に戻る。
新薬は海の向こうでは承認が進んでいる。
日本は、その新薬を承認する手続きはまだ遅い。
命の選択の機会が未だ狭い。
誰が狭くしているのか、患者の生きたいという思いを肌で感じていない当たり障りの無い態度の医療者や行政なのか、はたまたNGOにもあるのか、この壁を打ち砕き、生き生きした医療をつくっていきたい。

(花摘)(06.08.02)

▲このページ [ 06.08.02更新 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る