トップページ > はばたきコラム > コラム2006
06.05.08更新

連休、函館の桜を見に飛んだ。
期待した桜は蕾の膨らみが弾けるまで未だ1週間はかかる様子。
桜が駄目なら歴史と自然の探訪と車を江差に向けて走らせる。
快晴の空に美しい海、鴎が鳴く追分ソーラン街道をリラックスしながら走らせる。
山は未だ残雪が有り、山沿いは分厚い雪が道ばたにはり出している。
白口浜、松前を通り、海岸沿いを走る国道には、鴎が先導してくれる。
鰊の繁栄を江差まで見に行く。
江差は時に江戸より賑わいがあったところ。
廻船問屋の在りし姿を見学、明治維新の戦争でもしかしてもっと活躍したかもしれない復元開陽丸に乗り、鴎島から奥尻島に出て行く連絡船を見送る。
江差追分が流れる街を散策し、老舗の店を覗き歩く。
旅から得る五感は生きる大切さを体感する。

(花摘)(06.05.08)

▲このページ [ 06.05.08更新 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る