トップページ > はばたきコラム > コラム2005
05.11.30更新

古都奈良の秋
講演の会場が奈良近郊だった。
晩秋だが、カエデ・もみじ・イチョウ・ケヤキと最後の紅葉を楽しむことができた。
たくさんの甍が錦秋に映えている。
日本の懐かしい景色があちらこちらで目にとまった。
古い農家の庭先に赤く熟れた柿、厚い屋根瓦にどっしり受け立つ商家、まだまだ日本の風景も捨てたものではない。
これからも、日本の秋を探し続けてみよう。

(花摘)(05.11.30)

▲このページ [ 05.11.30更新 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る