トップページ > はばたきコラム > コラム2005
05.11.22更新

2000頭のチンパンジー
米国では、エイズウイルスの感染碓認などの研究と治療のための実験に、たくさんのチンパンジーが使われたそうです。
そのために繁殖され、2000頭が飼育されていました。
しかし、エイズウイルスはチンパンジーに感染しないことが分かり、今は広い憩いの杜のような保護センターで隠居生活をしています。
人間は勝手と思われているかな? こうした施設を提供する度量を日本にも欲しいものです。
感謝の意を込めて、ゆっくりのびのびと生活して下さい。

(05.11.22) (花摘)

▲このページ [ 05.11.22更新 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る