トップページ > はばたきコラム > コラム2005
05.11.10更新

今年既に17人が亡くなる。
薬害エイズ被害患者、生き延びて来た被害者、今年も既に17人の命が消された。
東京訴訟参加者で、はばたき福祉事業団の調べられる範囲では、10人中9人がHIV/HCV重複感染の肝疾患の悪化による。
それぞれの主治医の判断が甘かったことが大きな原因でもある。
国の救済体制、甘く見ている医療者について、被害者一人一人を検証し、その対応を究明したい。
怒らないと変わらない医療へ、激怒を覚える。

(花摘)(05.11.10)

▲このページ [ 05.11.10更新 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る