トップページ > はばたきコラム > コラム2005
05.08.02更新

今日の夕食は、横河の釜飯。
10年ぶりの懐かしさ。
懐かしさといえば。
45年前に。
夏、家族で戸倉上山田へ行っていた。
途中、碓氷峠を越える。
当時は蒸気機関車。
どっどどっどと蒸気機関車は力を振り絞り急勾配をのぼる。
釜を熱くして、黒煙をいっぱい立ててのぼっていく。
停まった駅でアイスクリームと駅弁を買う。
「アイスリーン」、「弁当、弁当」と。
制服で揃った駅弁売りがホームを駆け足で売り歩く。
走り出し、トンネルをいくつも抜けていく。
暑くて窓は全開、トンネルで蒸気機関車の黒煙が車内に入り、すすを残していく。
マッチ箱のような容器に入ったアイスクリーンの白さに、すすが混じる。
遊んで、楽しんで、昆虫を追いかけて、空想に浸って、いっぱい思い出をつくった頃、わたくしにとって宝物。

(花摘)(05.08.02)

▲このページ [ 05.08.02更新 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る