トップページ > はばたきコラム > コラム2005
05.03.28更新

はばたきメモリアルコンサート。
2月18日、弦楽の超絶を駆使した「やすらぎの翼」の演奏に静かなる心の震えと思いのつまった生きる命の震えに、ガザルスホールも震えた。
熱い心を持ったたくさん来場者、主催した私たちのからだも世界初演の曲に縛りついた。
コンサートホールから、決して忘れてはいけないと、一人一人の命の震えが2月の雪舞う夜空に優しい音色となって飛遊していった。(明日に続く)

(花摘)(05.03.28)

▲このページ [ 05.03.28更新 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る