トップページ > 血液 > けんけつちゃん
献血推進キャンペーンで、献血キャラクター「けんけつちゃん」がデビューしました

献血キャンペーン、国は本気!
血液の助け合いや世界に誇る献血を日本中に呼びかける献血キャンペーンのため、「たすけアイランド」から け んけつちゃんが派遣されました。
子どもの頃から血液の助け合いに親しもうと、とてもかわいいけんけつちゃんが5人登場!!
名前は、チッチ、エイッチ、オータン、ビービー、エビリンです。
危機管理、少子高齢化、将来に向け血液の大切さや献血の維持・増進を計り、献血の構造改革の始まりです。

「けんけつちゃん」を手に、血液の大切さ、献血への参加を訴えた尾辻秀久厚生労働大臣(左)と女優のミムラさん
薬害エイズ事件は、米国由来の売血血液から造られた血液製剤に猛毒といえるHIV原因ウイルスが混入し、その製剤を使用した日本全国の血友病患者がHIVに感染した悲劇です。
この当時、日本の献血血液を緊急使用する血液事業の責任感と日本の血友病患者を一刻も早く、多く救おうという危機管理と思考の柔軟性はありませんでした。

その責任の一端として、日本赤十字社の対応の悪さが指摘されていました。
今再び、血液事業の大きな責任を担う日本赤十字社が、責任ある体制を整え、患者のために安全性を基本に柔軟性のある血液事業を迅速に展開できるのか、その体制整備と姿勢が問われています。
血液政策の一翼を担う公に尽くす責任と能力があるのか、本気になって欲しいと思います。
血液事業は、日赤のためでなく国民のために展開されなければいけないもの。
けんけつちゃんを日赤がどう位置づけるのか、真剣さが問われます。
 

▲このページ [ 献血推進キャンペーンで、献血キャラクター「けんけつちゃん」がデビューしました ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る