トップページ > 血液 > 血液関連TOPICS
【血液】赤血球 無限に作成 輸血用供給へ道
マウスで理化学研究所めど

万能細胞の一種、胚性幹細胞(ES細胞)を使って赤血球を無限に作り出す方法にマウスでめどをつけたと、理化学研究所バイオソースセンターが、2月6日付の米科学誌プロスワンに発表した。
すでに人間のES細胞でも同様の研究を始め、別の万能細胞(iPS細胞)を使った研究も計画している。

これまで人の骨髄などにある血液(造血)幹細胞から赤血球への分化を効率よく進める手法を確立しているが、幹細胞には寿命があり赤血球を無限に作らせることはできなかった。

今回はマウスの8種類のES細胞株を使い、栄養細胞や増殖因子とともに培養する実験を繰り返し、その結果、1年以上増殖し続ける3種類の赤血球前駆細胞株を作り出すことに成功した。
前駆細胞が赤血球のもとになるので、赤血球を無限に作れることになる。

万能細胞から作った細胞では異常増殖などによるがん化が最も怖い。
だが完全な赤血球まで分化させれば増殖にかかわる情報を持つ核が抜け、がん化の心配はない。
血液の細胞成分で無限作成への道が見えてきたのは初めて。
人で実用化できれば、輸血用赤血球の不足が解消され、輸血血液を介した感染リスクの低減にも一役買いそうだ。

薬で急性貧血にしたマウスにこの前駆細胞を移植すると、赤血球の数やヘモグロビンの量などが増え、体内で前駆細胞が赤血球に分化したことが裏付けられた。
貧血症状も改善、重症のマウスでは前駆細胞を移植した8匹のうち7匹が生き延びたが、移植しなかった8匹では7匹が死んだ。

平成20年2月6日付「朝日新聞夕刊」から

▲このページ [ 【血液】赤血球 無限に作成 輸血用供給へ道
マウスで理化学研究所めど ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る