トップページ > 血液 > 血液関連TOPICS
【血液/新薬・新医療機器開発情報】血小板減少症治療薬の情報

小野薬品工業は平成19年12月20日、日産化学工業が創製した新規の血小板減少症治療薬について、ライセンス契約を締結したと発表した。
同社は全世界での独占的な開発・販売権を取得する一方、開発段階に応じたマイルストーン、売上高に応じたロイヤルティーなどを日産化学に支払う。
平成20年第1・四半期にも全臨床試験を始め、平成21年の臨床第1相試験入りを目指す。
契約した治療薬は、体内で血小板の賛成を促進する造血因子トロンボポエチンの受容体を活性化させる低分子化合物で、経口投与が可能。
同社によると、日本では血小板輸血が血小板減少症の一般的治療法として広く普及。
しかし、血小板輸血には感染リスクが伴うなどの問題があった。

(平成19年12月25日付「日刊薬業」から)

▲このページ [ 【血液/新薬・新医療機器開発情報】血小板減少症治療薬の情報 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る