トップページ > 血液 > 血液関連TOPICS
【書籍紹介】「安全な血液を求めて 危ない血液はもういらない」発行
著者:青木繁之(財団法人献血供給事業団理事長)、定価:1575円(税込)、発行所:株式会社アドスリー

著者の青木氏は、高校生のころから赤十字の奉仕活動に取り組み、その後も日本赤十字社血液センターや財団法人献血供給事業団で献血の推進、血液問題にずっと関わってこられました。
また、薬害エイズ事件の元凶ともいうべき、米国や中南米の売血の実態も実際に見てこられた方でもあります。

政府は薬害エイズ事件の反省から、抜本的な対策を打ち出してきましたが、その後その政策に逆行するような動きも出てきている、と青木氏は本書で語っています。
そのあたりの政府の迷走ぶりも本書には詳しく書かれています。

本書は、青木氏が「この国が同じ過ちを犯さないように記録にとどめたい」という思いで発刊したものです。
40年以上にわたって血液問題に関わってきた青木氏の知見と思いが詰まった本書を、ぜひお読みください。

タイトル 安全な血液を求めて 危ない血液はもういらない
著者

青木繁之(あおき・しげゆき)
島根県雲南市生まれ。66年、日本赤十字社中央血液センター入社。67年、財団法人献血供給事業団設立、入団。00年、同事業団理事長就任。
現在、財団法人献血供給事業団理事長、東京臍帯血バンク代表、東京研究用幹細胞バンク代表、厚生労働省・厚生科学審議会専門委員(造血幹細胞移植委員会委員)、厚生労働省・血漿分画製剤の製造体制の在り方に関する検討会委員、東京都献血推進協議会委員。

定価 1575円(税込)
発行 株式会社アドスリー
URL:http://www.adthree.com/
発売 丸善株式会社出版事業部

▲このページ [ 【書籍紹介】「安全な血液を求めて 危ない血液はもういらない」発行
著者:青木繁之(財団法人献血供給事業団理事長)、定価:1575円(税込)、発行所:株式会社アドスリー ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る