トップページ > 血液 > 血液製剤
【血友病/第Ⅷ因子製剤】米FDA ワイス社の新規遺伝子組換え第Ⅷ因子製剤を承認

米国FDA(食品医薬品局)は、ワイス社の新規遺伝子組換え第Ⅷ因子製剤“Xyhtha Antihemophilic Factor (Recombinant) Plasma/Albumin Free”を承認したと発表した。
この製剤は、Chinese Hamster 卵巣細胞 (CHO)から遺伝子組み換え技術によって産生された第Ⅷ因子で、製造工程に人および動物由来の材料が用いられていないことを特徴としている。

2008/3/7, ABC Newsletter #9 「血液製剤調査機構だより No.104 平成20年4月発行」から

▲このページ [ 【血友病/第Ⅷ因子製剤】米FDA ワイス社の新規遺伝子組換え第Ⅷ因子製剤を承認 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る