トップページ > 血液 > 献血
【献血】献血後に新型インフルエンザ感染判明、日赤が血液製剤を回収

日本赤十字社によると、新型インフルエンザへの感染や、感染が疑われることが献血をした後で判明し、これらの献血者の血液を原料にした「人赤血球濃厚液」を回収するケースが8月中に2件発生していた。

いずれのケースでも血液製剤は輸血に使用されておらず、日赤では「健康被害はありません」としている。

日赤が回収したのは、
▽千葉県赤十字血液センターで製造した8月14日出荷分
▽大阪府赤十字血液センターで製造した8月20日出荷分の
「人赤血球濃厚液」各1本(共に400ミリリットル献血由来)。

日赤の発表や、血液事業本部品質保証課の担当者の説明によると、14日出荷分では新型インフルエンザとの診断を献血後に受けたと献血者本人からの連絡があり、日赤が調査した結果、実際に献血を行なっていたことが確認された。

このため日赤は、納入先の医療機関に情報伝達した上で、直近に採血された血液を原料にした未使用製剤を21日に回収したという。

また、20日出荷分でも献血後に感染の疑いの診断を受けたと献血者本人から連絡があり、未使用製剤を26日に回収した。

血液事業本部品質保証課の担当者の説明では、いずれのケースでも血液製剤や輸血に使用されておらず、健康被害はないという。

平成21年9月15日付「CBnews」より

※献血後に感染が判明したり疑いがあったら直ぐに日赤に連絡をしてリスクを回避して欲しい。

感染した人の血液で造られた血液製剤の使用による作用は無いらしいが、危険性は否定できない。

また、新型インフルエンザ広まりによる献血者減に伴う献血血液の減少も危惧される。

できるだけみんなで献血に協力して医療における血液製剤不足が起きないようにしたい。

▲このページ [ 【献血】献血後に新型インフルエンザ感染判明、日赤が血液製剤を回収 ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る