トップページ > 血液 > 献血
【献血】十代の献血者は合併症を起こしやすい

米国の血液センターが困難に直面している。
現在および将来の重要な献血者である16~17歳の若者は、献血により内出血や失神などの合併症を起こしやすく、今後、若者による献血が減少する恐れがあるとの研究結果が、米国医師会誌「JAMA」5月21日号で報告された。

米国では2001~2004年に、輸血量が2%増加したが、献血量は0.2%減少している。
西ナイルウイルス感染症やシャーガス(Chagas)病のスクリーニングなど規制が増加しており、成人の献血適格者は全人口の推定38%のみである。
幸い、感染症を有する可能性の低い若年者の献血は増加している。
2005年には、米赤十字社(ARC)の献血の14.5%を16~19歳、8%を16~17歳の献血者が占めており、その約80%は高校への巡回献血者によるものであった。
専門家は、献血者が減少している状況で、この役割は大きいとしている。

今回の研究で、米国赤十字社本社(ARCワシントンD.C.)生物医学サービスのAnne Eder博士らは、16~17歳から定期的に採血している9つのARC血液センターのデータを分析。
その結果、16~17歳の献血者の10.7%、18~19歳の8.3%に合併症が認められたが、20歳以上の成人では2.8%のみであった。

16~17歳の若者での合併症発現率は20歳以上の献血者の3倍であり、初回献血者の合併発現率は2回目以降の献血者のほぼ3倍、女性は男性のほぼ2倍であった。
地域差も見られたという。
また16~17歳の献血者では失神に関連した障害(脳震とう、縫合を要する傷、顎の骨折など)が18~19歳の2倍以上、20歳以上の14倍以上認められた。

これらの合併症は、若年者がサイド献血する意欲に及ぼすことも判明した。
16歳の献血者のうち1年以内に再度献血を行ったのは、合併症を生じなかった人では73%であったのに対し、軽微なものを含めて合併症を生じていた人では52%であった。

Eder博士は「これらの安全データを収集することで、基準がわかり、献血者の経験をモニターし、改善することができる」と述べている。
なお、献血による合併症を減らすには、たくさん水を飲む、十分に睡眠をとる、献血前に栄養のある食事を摂る等の方法がある。

平成20年5月20日付「HealthDay News」から

▲このページ [ 【献血】十代の献血者は合併症を起こしやすい ] の先頭へ
▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る