トップページ > 血液 > 献血
[血液製剤機構だより No.102 『BPRO News File』から]
【血液/献血】米 ニューヨーク州 労働法(New York Labor Law)の改正で、雇用者は献血のための休暇を与えることが義務付けられた

新法では20人以上の従業員を持つ雇用者は週20時間以上働いている従業員が献血しようとする場合に、12ヶ月間に月3時間の休暇を与えることを義務付けているが、有給かどうか明記していない。
必要な指針策定の権限は労働局長官にあるが、雇用者はその他の法規で認められている休暇に加えて、献血のための休暇を与えなくてはならないことになった。

(2007/11/2, ABC Newsletter #41)

▲このページ [ [血液製剤機構だより No.102 『BPRO News File』から]
【血液/献血】米 ニューヨーク州 労働法(New York Labor Law)の改正で、雇用者は献血のための休暇を与えることが義務付けられた ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る