トップページ > 血液 > 献血
[血液製剤機構だより No.102 『BPRO News File』から]
【血液/献血】豪 赤十字 若者と将来の献血への影響について調査結果を報告

16歳から24歳までを対象としたオンラインによる個別調査によると、献血しない理由の上位には、供血者的確性基準に合わないと思うから(26%)や注射針が怖い(25%)などがあった。
豪州赤十字社では、現在も将来的にも若者が献血に関わっていくことが大切としており、豪州の3人に1人は生涯のある段階で血液を必要とするであろうことを一度理解すると、献血したいあるいは献血することを考えたい、と調査に答えた人の91%が述べたことは良い知らせと言及している。

(2007/9/14, ABC Newsletter #34)

▲このページ [ [血液製剤機構だより No.102 『BPRO News File』から]
【血液/献血】豪 赤十字 若者と将来の献血への影響について調査結果を報告 ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る