トップページ > 血液 > 献血
【献血】若者よ献血を 年前より1万人減 06年度県内調査危機的状況続く
10、20代「針 痛くて嫌」「知らない」…

岡山県内で10代、20代の若者の献血離れが深刻だ。
県赤十字血液センター(岡山市いずみ町)のまとめでは、2006年度の若者の献血者数(速報値)は約2万5千人と、4年前に比べ約1万人減少した。
少子化の進展に伴い、血液の需給バランスへの影響が心配されており、同センターは危機感を強めている。

まとめによると、ここ10年間でみた若者の献血者は1998年度(4万1013人)、2002年度(3万4714人)を除き、いずれも前年を割り込み、05年度には2万人台へ。
06年度(2万5160人)は1998年度の約6割にとどまった。

全献血者に占める若者の割合も減少の一途。
1998年度には40.3%だったが、06年度には30%と約10ポイントも落ち込んだ。

若者の献血者減は岡山県に限らず全国的な傾向で、大きな課題となっている。
16-29歳の献血未経験者5000人を対象に「献血しない理由」を尋ねた06年の厚生労働省の意識調査(複数回答)では、約3割が「針を刺すのが痛くて嫌」と回答。
さらに、4人に1人は献血について「知らない」と答えている。

同センターは献血者を増やそうと05年度から、小学生と保護者を対象とした見学会を開催。
県内の医療系大学生、専門学校生らでつくる「県学生献血推進連盟」も毎年、若者への献血協力を呼び掛けるキャンペーンを展開しているが、献血者減に歯止めが掛かっていないのが現状。

岡田幸二・同センター企画課長は「献血自体を知らない若者が増えていることに加え、助け合い意識の希薄化も原因では」と推測。
「『自分の血液で苦しんでいる人が助かる』という喜びを感じてもらうことが大切。
今後も献血の大切さを訴えていきたい」としている。

県内の血液在庫は11日現在、すべての血液型で適正量を下回り、危機的状況が続いている。
問い合わせは同センター(086-255-1211)。

▲このページ [ 【献血】若者よ献血を 年前より1万人減 06年度県内調査危機的状況続く
10、20代「針 痛くて嫌」「知らない」… ] の先頭へ

▲1つ前のページに戻る
▲トップページへ戻る